So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

二年生の課題 [吹奏楽]

中学校吹奏楽部の合奏指導。
本番が明後日あると言うことで突貫工事で曲を作ることに。
でも三年生が抜けたあとでなかなか思ったようにいかない。
一年生に力強さと元気さが付いてきたのが収穫だろうか。楽器の技術はまだまだだけど。
二年生が難しい。自覚とか自信とか実行力とか、もう少し持ってもらうようにして行かないとなぁと思う。

練習が終わってOGがやって来てました。
中学時代はトランペットだったんだけど高校ではホルンをやっていると言うことで音を聞いてくれと。
もともとホルン吹くのに適した口や歯を持っていたので良い音してました。
少しだけ修正してあげたらすぐにできるようになる器用さも持っていて、ちゃんとやったら上手になるんだろうなという印象。もったいない感じ。
行ってる高校は私が関わってない学校なので、自力で頑張って下さい。

鳴らして [ホルン]

高校吹奏楽部のホルンレッスン。
三ヶ月ぶりかな。
最初に気付いたこと。しっかり鳴らせてないこと。
これは良くない問題です。
今一度しっかり鳴らす事を意識して練習しましょう。
しっかり鳴らすことでアンブシュアと横隔膜が強くなります。
リラックスしながらということも忘れずに。ガチガチの身体で鳴らしても響きません。

この鳴らすということ、意識しているつもりでも知らず知らずのうちにどこかに行ってしまうことが多いのです。
そして必要な時に鳴らそうとしても思ったように出ないなんてことになります。

アラララ [吹奏楽]

中学校吹奏楽部の合奏指導。

三年生が完全に仮引退となり初めて一二年生だけでの合奏。
音を出した瞬間、やばい。
特に低音楽器はヘナヘナ。
楽器のバランスも良くなくて、かなり気を引き締めて冬の間に調整しないとまずい。
毎年こんな繰り返しなような気がするけど、強いバンドはこの凹みが少ないんです。
そのあたりは今後の課題となるでしょう。
次回は楽器のコンバートも含めて格闘しようと思います。

継続してテーマに取り組め [ホルン]

高校吹奏楽部のホルンのレッスン。
今日は3名見ました。
一人目の課題は豊かな響き。
ここ半年以上ずっとこれがテーマ。
音はとてもきれいな子なのですが、どうも豊かさにかける。
これは簡単なことではないけれど毎日注意しながら練習して少しずつ良くして行くしかない。
センスの良い子なので、あとは継続してこのテーマをやり切れるかどうかにかかっている。

二人目はこの春からホルンを始めた子。
ゼロから教えたためかアンブシュア、姿勢などはほぼ完璧。
本人も真面目だからそうなったのでしょう。
もっとホルンに慣れて操れるようになると良い感じ。
まだホルンに操られているので音程もちょっとまずい時がある。
響きの均一性もまだまだこれから。
地道に練習できる子なのでいずれ良いホルンを演奏できるようになるでしょう。

三人目はこのところ不調な三年生。
不調原因は私は掴んでましたが、何せ全国大会のFirstの子なので修正する時間と心の余裕がありませんでした。
ひと段落したので修正する方法を試してみたら良い感触です。
自分だけの練習で落ち着いてじっくり取り組むことです。

力強い二年生に [吹奏楽]

全国大会から帰ったあと水曜日と金曜日は中学校吹奏楽部の合奏指導。

水曜日は少し間が空いたのですが一二年生ともに音程が改善されつつあるようです。また前回のテーマとして隣の音をよく聴くということがありましたが、ここはまだこちらかろの指示がないとうまくいかない感じ。
個人レベルの引き上げも必要で、しばらくこのポイントにおいて集中したいと思います。

金曜日の学校は三年生が参加する演奏会も終わり、いよいよ一二年生体制。
二年生の中には力強さを持ち始めた子もいましたね。
二年生の人数が極端に少ないので全員が力強さを持つこと大切。
たくさんいる一年生はかなり成長している子もいるし練習態度もしっかりしてきている子も多くなってきましたが、残念な人もまだまだいます。
全員の力でこういった子をサポートすることが大切。

暑い日があったり寒い日があったりで体調を壊している人も見受けられます。
健康あっての楽器です。
健康管理も練習のうちだと思って。

アレキサンダーサウンド炸裂 [吹奏楽]

吹奏楽コンクールの全国大会で名古屋に行って来ました。

伺っている高校が出場するので同校させていただきました。
自由曲はホルンから始まるWine dark Seaでしたのでドキドキ。
練習中五人のうち誰かがはずす事が時々ありましたが、本番は見事なものでした。
音もアレキサンダーサウンド炸裂してました。
明るく輝かしく。
他の学校も同じ曲やってましたがアメリカンな楽器を使っていたようで、私としてはちょっと気に入りませんでしたね。
今年こそ金賞行けそうだと思ったのですが、銀賞となりました。
上の賞は来年再チャレンジですね。
ホルンがノーミスだったらひつまぶしをごちそうするよう子ども達に言われましたが、時間的にチャンスがなく帰路の高速の休憩所でお昼をごちそうしました。
良い音を響かせてくれたので安いものです。

今回のコンクールで驚かされたのは伊奈学園です。
毎年とても上手いのですが、今回の課題曲のマーチを聴いて第一主題のクラリネットのメロディーがまるで一人で演奏しているかのようなアンサンブルの凄さ。
十六分音譜一個たりともズレ(リズム・音色・音量)が無くもうハッハーという感じでした。
昨年、一昨年と素晴らしかった玉名の演奏も期待を裏切りませんでした。
そう言えば九州ブロックの代表は全部金賞でした。
レベルが相当上がっているのでしょう。

せっかく名古屋に行って、今まで食べることがなかなかできなかったやば豚のトンカツも食べることができました。

立派でした [吹奏楽]

菅生高校の定期演奏会が先週末終わりましたね。
金曜日が府中の森、土曜日が八王子のオリンパス。

こんな贅沢な演奏会を開ける学校、そう無いですよ。

今年の曲目はホルンにとってはけっこう吹きごたえのあるものでしたが、大健闘と言えるでしょう。

演奏会は全国大会が一週間後に控えているにもかかわらず立派なものでした。
この調子で全国大会でも一気に!!

祝・四連覇 [音楽体験]

日野市立七生緑小学校合唱団は第83回全国学校音楽コンクール全国大会で金賞をいただきました。

四連覇達成です!

おめでとう!!

今年は結果発表の時号泣している子どもたちとても多かった。
保護者の方々もほとんど号泣でした。
きっと連覇の重圧が知らないうちにあったのでしょう。
そえを乗り越えての受賞ですもんね。
嬉しいですよ。

全国コンクールは各ブロック代表11校がNHKホールに集まり行われ、金賞と銀賞各1校、銅賞が2校選ばれます。
四連覇と書きましたが、金賞が第1位ということなのです。

当日はNHKホールの3階席でしかも端っこだったのですが、そこまで言葉がクリアに届いてました。
響きも強引な音ではなくスーッと届いて来る心地よいものでした。

いつも通りの透明感溢れるサウンド(今では七生緑サウンドなる言葉も使ってもらってるようです)、景色が浮かぶような音楽の自然な流れ、無理の無い発声など。
時々透明感ある音はどのように作られるのか私も質問されるのですが企業秘密です。
きっと子ども達の心がそうなんでしょう。音は心から生まれるものですから。
まぁ、知りたい人は、先生に直接聞いてくださいね。


一年生バンド [吹奏楽]

このところ更新が本当に滞ってすみません。

金曜日は中学校吹奏楽部の合奏指導。
三年生がいない状況で初めて一年生を入れてやってみました。
毎年の事ながらまたここからの出発。
二年生がとても少ないのでほぼ一年生バンド。
かなり手が焼けます。
果たしてこの子達がこれからどう変わるのか。
まずは活動への気持ちがしっかりしないと良い演奏はできませんから、このあたりからですか。

東海大学菅生高等学校全国大会出場おめでとう!! [吹奏楽]

昨日は吹奏楽コンクールの東京都大会でした。
ここで全国が決まります。

日頃お世話になってる東海大学菅生高等学校がプログラム最後で登場。
演奏は集中力のある素晴らしいものでした。
コンクールということを忘れて演奏に没頭することができました。
この感覚になった時は抜けます。

良かった良かった。
とても嬉しいです。

今年の自由曲はホルンのマーラー風の雄大なメロディから始まる曲だったのでドキドキでした。
課題曲のBのオクターブのスラーで上の音が少しうわずった感じだったので、おい気負いすぎだろうと心配したのですが自由曲の冒頭は見事に決まりました。

この調子で更に精進して全国でも素晴らしい演奏をして欲しいですね。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。